仙台・松島の旅!
                                             
 

行ってきました。仙台、松島。総勢10名!お天気にも恵まれ(恵まれすぎて暑かった・・・)、丸一日楽しんできました〜。

朝、東京駅6時40分発のMAXやまびこに乗車。一人も欠けることなく集合!と喜んでいると、何やらMさんがぜーぜーはーはー。朝から何で?具合悪い??と思ったら、予定していた電車に乗り遅れ、乗換駅ごとに携帯で何線に乗るのが一番早いかと必死に調べ、挙句、大手町から全力疾走したとのこと。私は、Mさんが予定していた電車にゆうゆう乗って東京駅には少々早目に到着したので、コンビニで買い物までしてしまったのでした。なのに、ホームに行ったらMさんはもういたのですよ〜。ともかく、全員無事に乗車。一路仙台へ!

                                             
     
                                   
      無事に新幹線の乗ってホッとするメンバー          
                                         
 
                           
  車内で回ってきた怪文書?
                             
                                             
     
                             
      女性の旅につきもののおやつ。 手前は福岡から参加のAさんが持ってきてくれた「博多通りもん」   
                                   

最初、中年おばさん(あっ、そう言ってはいけない人も・・)10名の旅・・・にぎやかすぎてもしや周りの迷惑になるのではと懸念していたのですが、さにあらず、新幹線の中でも静かなものでした(眠くてお腹すいていただけかもしれませんが)。

仙台駅に到着したのは、9時ごろだったっけ? 駅は七夕祭りの飾り付けでいっぱい。そういえば七夕祭りは有名ですよね。ここから“びゅうばす”に乗っていよいよ観光です。ツアー客は私たち10名の他にご夫婦らしき(らしき・・・って、どう見てもご夫婦だよ)2名の総勢12名!! 大きい観光バスなので、席は一人2席ゆったり座れるほどでした(それでもご夫婦は並んで座っていた・・・私たちより、ちょっと若いのかな?)。

 
 
 
 
  やって来ました、仙台駅!  

ツアーバス乗り場はどこか・・・?

 
                                           
仙台から多賀城市を経て塩釜市へ。多賀城市には自衛隊の駐屯地があり、3/11は、いち早く出動したとのこと。以来、市民の皆さんは自衛隊の制服を見るとホッとするのだそうです。3/11のあと起きた4/7の地震により、もともと湿地帯だったことによる地盤沈下がひどいというガイドさんの説明があり、見ると歩道橋はそれぞれ4、5段、下に付け足されていました。車窓から見える新築の家ばかりが並んでいる地区、更地になっている地区などに震災、津波の爪痕を感つつ、最初の目的地塩釜神社に到着。駐車場から神社に向かう途中、萩がピンクの可愛い花つけてシャイな感じで道端にたたずんでいました。仙台には銘菓、萩の月がありますが、あのお菓子に萩の感じはないですね。あれは月です。でも、美味しい。
                                           
     
         
 
      Iさんは、ナンパされるほど、かっこいい人なんです。ただのタオルを首にかけても、何となく決まってるでしょ。            
バスの車窓から見つけた店の看板。これって震災前からあるのか、後なのか・・・。
 
塩釜神社の右隣には志波彦神社があります。海の守り神でもあり、人間が海からの恵みに感謝する意味で海を背にして建てられ、そして塩釜神社は背が伊達家(青葉城?)の方向にあって、仙台伊達藩を守っているというような説明があったような気がします(違ったら、訂正してください)。
   
   
神社へ向かう参道。とにかく暑い。
   
                   
     
 
Mさんが写メしているのは・・・       萩の花。Mさんはこの花の背後に絶対「萩の月」を思い浮かべていたと思います。  
                     
                                         
   
                             
    参道にあったお守りの看板。アバウトだけどズバリな感じがいいです。
                                 
                                           
志波彦神社ではお祓い(じゃなくて、ご祈祷)を受け、BV倶楽部のますますの発展をご祈祷していただき、塩釜神社ではNiさんがBV代表として玉ぐしを奉納し、これからもがんばることを祈念しました。これでBVも安泰、安泰!
                                         
   
       
 
    昔、捕鯨が盛んだったということで、神社にある博物館横に無造作に展示されていた鯨の骨(?)と銛など           一森山に鎮座する神社からの景色。海が一望できます。    
                                 
                                           
   
 
 
   
この牛を撫でるといいことがあるとか。
 
                                           
さて、お昼ご飯!塩釜水産物仲卸市場に到着! ここでは中で売られている海産物を自由に買って食べることができます(ご飯とお味噌汁はサービス)。それにしても美味しそうな魚介類が盛りだくさんに売られていて、今、思い出しただけでも、よだれが・・・。
ここでは適当にグループになって、数種類を購入(といっても1000円分の券が付いていた)し、シェアしていただきました。最初は(最初って、次があるわけ? あるんです!)マグロの盛り合わせと、中落ちとウニ! ウニなんて殻つきで、スプーンですくって食べるのだ! それらをおなかへ入れてしまってから、また市場の中を殻つき牡蠣に向かってまっしぐら! 写真のは200円です。まるで海の中で岩から剥がして食べていると思うくらい新鮮で、口の中は磯の香がいっぱい! さらにエビが食べたい!と、エビを求めてウロウロし、見つけたのはぶどうエビ。「これ、確かテレビで見た!」と気持ちも絶好調! 1尾350円のところ3尾で1000円にしてもらって、パクパク! 身はかなりぷりぷりで、どっちらかというと伊勢エビに近い食感でした。ミソも美味しかった〜。
                                           
   
                                           
 
すべて平らげました。
 
                                           
                           
さて、おなかもいっぱいになったらマリンゲート塩釜から遊覧船で松島へ。ここの建物の入り口には、津波がここまで来ましたという線が描かれたプレートが貼ってありました。写真はTさんですが、この高さの水だと完全に溺れてしまいます。本当に怖かっただろうと思います(Tさんが溺れたわけではありません。念のため)。                    
    青いプレートの下の部分まで津波が来たそうです。
                   
                                           
松島へ行く遊覧船、かもめ(類の中のウミネコだそうです・・・野鳥の会会員でもあるAさんから教えてもらった)がずーっと付いてくるんです。そこで、船内で売っているかっぱえびせんをあげると、うまい具合に指先からパクッと食べるので、それが面白くて、お客さんが次々とあげていました。もう船の周りはウミネコだらけ。1回、タイミングが悪くて指をパクッとやられましたが、結構痛いのでした。(ウミネコがいるからエサをあげるのか、エサをあげるからウミネコがついてくるのか、さてどっちでしょう??)
                                           
                             
  松島行きの遊覧船  
                             
                                           
       
  エサをもらいに来るウミネコの皆さん
       
                                           
 
     
  途中の島。津波を被ったのでしょうか、松が枯れています。
       
                                           
ウミネコのお腹もいっぱいになったところで、暑〜い、暑〜い松島に到着し、瑞巌寺、円通院を拝観。瑞巌寺でも境内の途中まで津波が押し寄せ、塩害を受けた松がかなりの本数切り倒される予定とか。恐るべし海水! また地震そのものの被害も大きく、本堂は改修工事のため、御本尊(青銅製の聖観音)や政宗公ら歴代藩主の位牌が別の部屋に展示(・・・と言ってよいのかな?)されていて間近に見ることができました。バスガイドさんから「ご位牌がご覧いただけますよ」と説明を受けたときは、普通サイズの位牌を想像していただけに、見てびっくり! 2メートルはあるかという高さに、いろいろな飾りがついて、ものすごく派手! 故人を偲ぶという感じはまるでなく、お祭りの飾りのようで、これっていいかも!と思ってしまいました。自分のも今からあんな感じに作っておこうかな??(あんな感じってどんな感じ?と、見てない人は思うでしょうが、撮影禁止だったので写真はありません。見に行ってください。位牌の概念が変わります)
                                           
                             
  松島上陸。とにかく暑い。  
                             
                                           
         
赤いテープが巻いてある木は伐採予定   山門(山じゃないけど)を額縁として、松島を臨むように作られたとか   苔のきれいな石のトンネル。
                 
                                           
 
                             
  Iさんを真似て、私も首に手ぬぐいかけてみたんだけど・・・と言いつつ自分で笑っていたNiさんの後姿と、その前を行くIさん。帽子も似てる?
                               
                                           

瑞巌寺、円通院のあとは五大堂へちょっと寄り道。本来ツアーコースには入ってないのですが、ガイドさんの勧めで1便早い遊覧船に乗ったため、ちょこっと寄ることができました(そうそう、本日のガイドさんは今野さん、ドライバーは山田さんでした・・・Thank you!)。

五大堂に飾られている十二支のうち、寅年のトラが変だから是非見てねというガイドさんの勧めで、そのトラをササッと見て、「本当だ、変だ!」という感想を呟きながらバスへ。次は最終目的地のキリンビール工場です。

                                           
   
                           
      トラです。ガイドさんはイノシシか豚にしか見えないと言っていました。どうでしょう?  
                               
                                           

キリンビールの工場は仙台駅のほうへ戻る感じで、ここも埋立地だよねというところにあり、かつ海に近いので津波の被害が甚大だったと思います。やはり建物に、「ここまで水が来たプレート」貼ってありました。

ビールができるまでを、原材料から製法と工場内部を見学しながら説明していただいたあと、ビール、ジュースを3杯まで試飲できサービスがありました。ここまでの暑さをひたすら我慢した甲斐があったというべきでしょうか?皆嬉しそうにビールをゴクゴク! 同じスペースにお土産コーナーもあるので、ここにしかない(?)ビールクッキーやビールカステラ、ビールそのものを買い込みました。というのも、それまでお土産を買う時間がまるでないのです。短時間でいろいろと観光するため、見たら次、見たら次と、土産物屋を横目に移動する感じでした(ずんだソフトクリーム食べたかったよ〜)。この辺、他のツアーと違いますよね。コマーシャルのないNHK的ツアーというのでしょうか。

                                           
                         
ビールの素です。ホップ(真ん中)はドライフラワーのよう。工場の敷地内にも植えられていました。
                         
                                           
       
   
ビールを飲んでホッと一息。奥のほうに見えるのがビールのサーバ。ここからついでもらえます。
 
                                           
この慰安旅行が決まってからは、朝早いし、強行軍だし、遠いし、日帰りだし・・・といろいろと危ぶんでいたのですが、帰りの仙台駅では、「遠地日帰りツアー、かなり良いぞ!」という感想に変わっていました。一応、主婦としては丸々一泊家を空けるのもナンだし、かといって、家や仕事場の近くでランチだけというもの、日常的すぎ。朝早くても、乗り物でウトウトすればいいのだし、座っていれば電車やバスが運んでくれるし、このJRツアーとってもグッドでした。
                                           
                               
仙台駅で記念写真・・・と思ったらNiさんが誰かに手を振っている〜。
                               
                                           
                             
よく見たら、今日一日お世話になったびゅばすの運転手さんとガイドさんでした。本当にありがとうございました。
                             
                           

改めて記念写真! 皆さんお疲れ様でした! 

えっ? オバサンに見えない? 

でしょ!

                           
                                           

さて、さて帰りの新幹線は5人・・・。あとの5人は、仙台駅到着後、夜の巷へ消えていきました・・・というと、ちょっと淫靡な感じですが、ただ駅周辺で酒盛りするとのこと。というわけで、不良主婦と善良主婦組(?)に分かれ、善良主婦は早い新幹線で家路を急ぎました。不良主婦たちがその後どうなったかは、誰も知りません・・・。

というわけで、仙台、松島紀行でした。本当はもっといろいろとエピソードがあるのですが、あんまり書いていると、長ったらしくなるのでやめました。思い出はそれぞれの胸に・・・。でも、どうしても付け足してほしいという話をお持ちの方は、Yまでご連絡ください!

最後に、このツアーを発案、決行してくださったNi理事長をはじめ、参加者全員、参加してないけどいつもBVを助けてくださる方々全員に感謝感謝です。ありがとうございました! さて、次はどこ連れてってくれるかな?

                                           
          Copyright (c) 2011 BVCLUB All Right Reserved.